佐野市文化会館 佐野市文化会館 公演・イベント一覧へ

2019年5月11日(土) 〜 5月26日(日) 主催公演

このプログラムは終了しました 佐野市文化会館 40周年記念
一つの時代が終わり次のフェーズが起動する、美術もまた?
R293美術展 2019 ー 再起動 ー

「再起動」の時代に向けて

平成が終わり、それだけではない何か大きな時代の変わり目が訪れています。そして様々な分野で変化への対応は「もはや待ったなし」の状況です。美術もまた各々ささやかな持ち場にあって、「21世紀の現実感」を求めて変化するか、それともあえて「変わらぬ不易の問題」を追及し続けるか、それぞれの答えの試みを提出いたします。

 

作家

青木 克純   石井  克   薄井 隆夫   太田 丈夫

小熊 富江   加藤 亜季   亀山 知英   高松 博仁

のだたけし   宮地 佑治   山田  稔   吉本 義人

 

R293美術展 特設WEBサイト

チケット発売中

  • 公演概要
  • チケット情報
  • 出演者プロフィール
  • イベント情報
  • 公演概要

    公演日2019年5月11日(土) 〜 5月26日(日)
    時間

    開館:10:00  閉館:17:00

    料金

    一般 300円

    高校生以下 無料

    ※図録付き

    ※開催期間に何度でも入れるパスポートです

    ※5/13月、20月は休館日

    ※5/11土は入場無料!

    会場展示室A/B 201会議室 
    主催

    佐野市文化会館

    企画

    R293美術展実行委員会

    後援

    佐野市/佐野市教育委員会/佐野市文化協会/公益財団法人佐野市民文化振興事業団/佐野商工会議所/足利市教育委員会/館林市教育委員会/栃木市教育委員会/佐野短期大学/足利短期大学/文星芸術大学/株式会社下野新聞社/朝日新聞宇都宮総局/読売新聞宇都宮支局/毎日新聞宇都宮支局/産経新聞社宇都宮支局/株式会社栃木放送/株式会社エフエム栃木/株式会社とちぎテレビ/佐野ケーブルテレビ株式会社/とちぎ朝日/株式会社 栃木よみうり

    協賛

    アイ・テック㈱/足利伊萬里/天笠ダンボール工業㈱/乾ギャラリー/華雨蔵珍之館/㈱五十嵐商店/ギャラリーショップいまあじん/コムファーストショッピングセンター/プラザハマダ/マツシマ/㈲さくら精機/来都建築工房㈲/れんが Honey Garden/割烹 丹波屋/ギャラリーファンタジア/昭和電機㈱/三福工業㈱/㈲神永写真館/雪乃下皮ふ科クリニック/吉川工業㈱/堀川新聞店/㈱アソシエグリーンファーム

    制作

    トールツリー(株式会社ケイミックスパブリックビジネス)

  • チケット情報

    チケット発売日

    2月16日(土)

    料金

    一般 300円

    高校生以下 無料

    ※図録付き

    ※開催期間に何度でも入れるパスポートです

    ※5/13月、20月は休館日

    ※5/11土は入場無料!

    チケット取り扱い

    プレイガイド

    【佐野市】

    佐野市文化会館 0283-24-7211

    佐野市葛生あくとプラザ 0283-86-4715

    佐野市立吉澤記念美術館ミュージアムショップ 0283-86-2008

    オンダ楽器ハーモニープラザ 0283-23-0682

    金井楽器 0283-22-0639

    ㈱河西 0283-62-2626

    佐野音楽鑑賞会 0283-24-5733

    道の駅どまんなかたぬま 0283-61-0077

    葛の里壱番館もてなし家赤部 0283-85-4055

    【足利市】

    足利市民会館 0284-41-2121

    プラザハマダ 0284-41-2301

    【小山市】

    小山市立文化センター 0285-22-9552

    【栃木市】

    栃木文化会館 0282-23-5678

    コスモスホール(岩舟文化会館) 0282-55-7055

    【館林市】

    館林市文化会館 0276-74-4111

    【桐生市】

    桐生音楽文化協会 0277-53-3133

  • 出演者プロフィール

    石井  克  ISHII KATSU 【絵画】(栃木県足利市 在住)
    石井  克  ISHII KATSU 【絵画】(栃木県足利市 在住)

    森やテレジン(チェコ共和国にあるナチスによる強制収容所)から命の開花を求めて、一心不乱に描いている。

    薄井 隆夫  USUI TAKAO 【絵画】(栃木県宇都宮市 在住)
    薄井 隆夫  USUI TAKAO 【絵画】(栃木県宇都宮市 在住)

    頭上に見える月までの距離は、およそ38万㎞。手のひらに掬(すく)った水に映る月までの距離は?などと考えつつ「水鏡」をモチーフに描いています。白く浮かぶのは木の葉越しの空の形。次に映るのはどんな景色だろう。

    太田 丈夫  OTA TAKEO 【絵画】(群馬県館林市 在住)
    太田 丈夫  OTA TAKEO 【絵画】(群馬県館林市 在住)

    作品を器と内容に分けるとすれば、再起動の器として「終わりのない、ループする構造」、内容として21世紀に生きる人間の戦慄と高揚の感情を湛えた空間表現を目指しています。

    小熊 富江  OGUMA TOMIE 【絵画】(栃木県佐野市 在住)
    小熊 富江  OGUMA TOMIE 【絵画】(栃木県佐野市 在住)

    R293美術展2012年より参加

    「泥臭い絵!でもそんなあなたが好き!!」そんな絵の中のワン・ニャンたちの会話が聞こえて、私は笑っちゃう。目指すのは透明な光の中に溶け込んでゆく線。

    亀山 知英  KAMEYAMA TOMOHIDE 【立体造形】(群馬県館林市 在住)
    亀山 知英  KAMEYAMA TOMOHIDE 【立体造形】(群馬県館林市 在住)

    日常を無欲に淡々と生きようとする。しかし個体の寿命はあまりにも短すぎて社会の刹那の出来事や現象に翻弄されて過ごし続けることになる。常に胸はさざめきどよめく。でもやはり淡々と生を繋げていきたいのだ。

    高松 博仁  TAKAMATSU HIROHITO 【絵画】(栃木県足利市 在住)
    高松 博仁  TAKAMATSU HIROHITO 【絵画】(栃木県足利市 在住)

    空間は見つめる者を脅迫するかのようだ。虚構のようでいて圧倒的な存在感。それは大谷石採掘場後の地下空間で私を拘縮した。底知れぬ穴を覗いた時の不安、闇の恐怖、深すぎる青空を仰ぐ時の眩暈に似た孤立感。その気配のようなものが私を苛む。それを描いていきたい。

    のだ たけし  NODA TAKESHI 【絵画】(栃木県佐野市 在住)
    のだ たけし  NODA TAKESHI 【絵画】(栃木県佐野市 在住)

    言葉では表現しきれない、心の中のザワザワを点と線と色、あるいはカタチで表現しています。

    二葉 のりえ FUTABA NORIE 【アクリリックポーリング】(埼玉県さいたま市 在住)
    宮地 佑治  MIYACHI YUJI 【絵画】(群馬県桐生市 在住)
    宮地 佑治  MIYACHI YUJI 【絵画】(群馬県桐生市 在住)

    20代の始め絵画をゼロポイントから始めるつもりで黒い点の羅列を始める。次第に色彩が加わり色点の集合と離散の画面になり、現在に至る。

    山田  稔  YAMADA MINORU 【立体造形・詩】(栃木県足利市 在住)
    山田  稔  YAMADA MINORU 【立体造形・詩】(栃木県足利市 在住)

    ひとつの答えだけではなく、様々な答えを流転するばかりの自分にも、安らぎを見いだせる自分が居る。 表現、その行為の実際に導かれ、いつしか他人と見分けがつかなくなるとも、本懐は寧ろ そこに閉じ込められている。次への扉は手つかずの 過去の扉でもある。

    山田 和三 YAMADA WAZOU 【絵画】(群馬県邑楽郡邑楽町 在住)
    吉本 義人  YOSHIMOTO YOSHIHITO 【彫刻】(栃木県佐野市 在住)
    吉本 義人  YOSHIMOTO YOSHIHITO 【彫刻】(栃木県佐野市 在住)

    1969年。彫刻の森美術館(箱根)に出品したデビュー作「WORK」は、エルボーパイプを連続構成したものでした。それから50年。今回の作品はエルボーパイプの解体再構成です。思えば長い螺旋階段を歩いて来ました。

  • イベント情報

    ※①③④でスタンプを3つためると記念品がもらえます。

     

    ①公開制作・ワークショップ 【太田 丈夫】

    作品がどのようにして出来上がっていくのか、その過程をお楽しみいただける貴重な機会です。

    日にち:5月12日(日)~5月24日(金)※13日(月)、18日(土)、20日(月)は除く

    時 間:11:00~16:00

    会 場:201会議室

     

    ②アートガチャガチャ

    ◆出品作家による小オブジェや創作ブンブンゴマ

    思い出におみやげにどうぞ!

     

    ③ワークショップ 【亀山 知英】

    「アート紙相撲」参加者募集!

    こども向け「造形遊び」です。作品ができたら、その場で紙相撲をして遊べます。

    日にち:5月18日(土)

    時 間:14:00~16:00

    会 場:201会議室

    ※ご参加申し込みは文化会館(☎0283-24-7211)まで

     

    ④詩の朗読 【山田 稔】

    各日2回(1回30分程度)、詩の朗読を行います。作家 山田稔の世界をより深く感じてみて下さい。

    日にち:5月18日(土)、5月25日(土)

    時 間:<1回目> 13:00~ <2回目> 15:00~

    会 場:屋外ステージ

     

    ⑤レセプションパーティー ※美術展共に入場無料!

    日にち:5月11日(土)

    時 間:14:00~17:00

    会 場:大ホール ホワイエ

    ▼ギャラリートーク

    ナビゲーター:篠原 誠司(足利市立美術館 学芸員)

    会 場:展示室A/B、201会議室

     

    ▼セレモニーライブ

    出 演:艱難辛苦(かんなんしんく)

    佐野市にゆかりのあるメンバーで結成されたロックバンドです。昨年は大人のロックを聴かせてくれました。今年はどんな曲か楽しみです。

    会 場:大ホール ホワイエ

お問い合わせ

佐野市文化会館 Tel. 0283-24-7211